世界初の腕時計型シンセサイザー『Synthwatch』目標金額まで到達可能か?

Synthwatch

イタリアの新興メーカーであるAudioweldが、世界初の腕時計型シンセサイザー『Synthwatch』のクラウドファンディングを開始した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

世界初の腕時計型シンセサイザー『Synthwatch』

2年間で開発された『Synthwatch』。販売が決まったら、世界で最も小さなシンセサイザーとなる。

主な機能は、
・音楽の作成、録音
・iOSとAndroid専用アプリを使用したリアルタイム再生

他にもUSB-C端子が備わっており、パソコンとの有線接続やオーディオ出力にも対応。

目標金額は?

クラウドファンディングサイトKickstarterにて出資者を募っている。

500台限定のアーリーバードでの出資が450ユーロ。日本円で約6万円弱である。(販売されるようになると一般価格は695ユーロ)

2019年1月2日までに、¥9,771,363の目標金額が達成されると販売される。目標金額に到達しなければ販売はされない。残り33日の時点で¥131,279出資されているが、目標金額まで達成できるだろうか?

達成できたとしても、クラウドファンディングでは実物が完成しない場合も多いようだ。もしくはプロジェクトに遅れがでる。『Synthwatch』のページを見てみると、2年間の開発をかけてきたことで、プロトタイプは出来上がっているので商品完成が遅れたり、プロジェクト自体が無くなる可能性は低いことがわかる。デザイン、アイデア共に製品化が待ち遠しいアイテム、是非とも目標金額に到達してほしい。